【Excel】便利!日本語入力モードを自動で切り替える方法

ひらがな、英数、半角カタカナの混在

大量の入力を行っていると、段々煩わしくなってくるのが入力モードの変更です。
下図のようにひらがな・半角英数・半角カタカナ等の切替え頻度が多くなると作業効率は落ちてしまいます。

その場合は、セルに移動したときに入力モードが「全角→半角」や「英語モード」などに自動的に変わるように設定しておくと大変便利です。

データの入力規則を使う

入力モードの自動変更はデータの入力規則という機能を使用します。

セル単位に設定することができますが、大量データ入力するようなものは列単位で指定する方がよいでしょう。

列を選択する

データの入力規則を選択

日本語入力タブを選択して、入力モードを選択

他の列も同様に設定してきます。

ちなみに「オン」は使用しないほうが良いでしょう。「オン」はキーボードの半角/全角キーを押したことと同じで、直前の入力モードの影響を受けてしまうからです(例えば直前が全角カタカナであれば全角カタカナになってしまう)。日本語入力にしたい場合は「ひらがな」を選択するようにしましょう。

以上の設定をしておけば、セルに移動するだけで入力モードが自動的に変更されるようになります。本当にちょっとしたことですが、大量にデータを入力するときに効果大です。